· 

なぜ、いま3Dプリンタか?

こんにちは。東京都の工業デザインの株式会社ePです。

今日は なぜいま3Dプリンタの導入を検討するのか? についてです。


その前に、「今、自分達に与えられた役目は何か?」と考えてみました。
ePにおけるそれは
「新鮮で競争力のある製品開発や生産工法開発を行うこと」です。

私達には、加工技術(製品開発時、生産時)を極める責務があります。
しかしながら前述の内容のように優先してやるべきことがありまして、どうしてもやりきれない場合があります。
そんな場合に3D造形は、時間を短く、手数を少なくというように、やりきれない身をサポートしてくれます。
これが私の考える3Dプリンタ導入のメリットです。
言い換えれば、この手軽さが試作や小ロット量産のシーンでメリットを大いに享受出来るわけです。


しかし手軽とは言いつつ気を付けたいポイントが潜んでおります。
それはデータの再現性です。

ePでは3D造形の考え方として
3Dデータをそのまま再現できると考えるのではなく、
造形で出来上がったものを「正」と考えております。(機械加工でもそういった考えで行っていますが、それがもっと顕著です)
そのため場合によってはデータ自身もそれを見越して補正しておくということも行います。

3D造形は万能ではありませんが、3D造形の利用目的さえ誤らなければ、大いに味方になってくれる技術です。
ブームも一段落して 3Dプリントって何だろう?新たな形で運用できないか?等ございましたらご相談下さい。