· 

生データと中間ファイル

>>English
こんにちは。東京都の工業デザインの株式会社ePです。
今日は暫くぶりに金沢へ来ております。

写真のお酒は生酒です。
通常、日本酒は保存の為の火入れを行うようです。しかし、生酒は火入れを行こなう前のものなので、そのお酒本来のピュアな香りや味を感じることのできる非常においしいお酒です。

我々は3DCADデータを扱うことが多いですが、これにも生とそうでないものがあります。
生データはネイティブファイルとも言われていて、同じCAD同士であれば生データが最も再現性が高いといえます。
しかし、同じCADをお互いに持ち合わせていない場合に、中間ファイルが必要になります。igesやstep等といったものがそれにあたります。
変換によるトラブルが多くみられますが、そういった事例にも対応しております。
ご相談ください。




▲金沢 いたるhttp://www.itaru.ne.jp/kakinoki.htm