· 

イノベーションをおこしたい

>>English
こんにちは。東京都の工業デザインの株式会社ePです。

我々は常日頃「イノベーションを起こしたい」と思い、開発の仕事をしております。

先日紙面にて日本はイノベーションが起きづらい環境という記事がありました。
そこで、いわれていることも最もでしたが、私なりの考察を今日は書きたいと思います。

日本の製造業は 量を回して利益を獲得する というスタイルが強い傾向にあります。
昨今はこのスタイルに拍車がかかっていまして、ボリュームのまとまるビジネスに力が集中する傾向が非常に強いです。
利益を優先する必要があるのでこの考えは当然必要と思いますが、
この傾向の弱点は、数の少ないものや総額がまとまらないものについて反応できないということにあると思います。
言い方を変えますと 当初はボリュームの見込めなくとも 良いものを作るチャンスや面白いビジネスのチャンスを逃してしまう 傾向になりやすいスタイルとも言えます。

イノベーションの起きづらい環境については、「ユニークさ」や「失敗の考え方」などなどと言われておりますが
その前にボリューム≒多数決に惑わされないというのも大事なことと感じております。