3DCADデータのパッケージサービス

>>English
こんにちは。東京都の工業デザインの株式会社ePです。

株式会社ePでは 「3DCADデータのパッケージサービス」を行っております。

今日はそのうちの一つ「CTスキャン3Dデータ化パッケージサービス」を紹介します。

下記はCTスキャンの目的です。
・自社の生産物を正確にデータとして捉える。
・競合他社品の情報を正確に捉える。
・捉えたデータに対し内容を3DCADで追加する。


①CTスキャンとは
 物体を透過するX線を利用して、対象製品の内部・外部状態を測定します。多重反射などのノイズがなく、撮影データを重ね合わせて構成する際の誤差がないため、高精度な形状測定を行うことができます。
②非破壊検査のメリット
 X線を利用して測定するため、製品を切断、汚損、変形などすることなく非破壊で検査を行うことが出来ます。
③3DCAD
 ePの制作するデータは編集可能な状態の3DCADデータをお渡しするので、データ利用の幅が広がります。←ポイントです
 *スキャンしたデータ(STL等)のままでは、追加・修正などの編集を行うことができません。


・競争力のあるものづくりのコンサルタントを行っております。
・その具体的なデザイン設計を承っております。
・その具体的な製造先の紹介を行っております。

ご相談いただければ、お話しをお聞きしに伺います。


ものづくりから、ことづくり、夢づくりへ