3DCADデータのパッケージサービス2

>>English
こんにちは。東京都の工業デザインの株式会社ePです。

株式会社ePでは 「3DCADデータのパッケージサービス」を行っております。

昨日に続き、そのうちの一つ「外観スキャン3Dデータ化パッケージサービス」を紹介します。

下記は外観のスキャンの目的です。
・人の直感を重視して作ったモックアップ等の3Dデータ化。自動車の意匠のモックのデータ化はこの手法により行われます。
・現物はあるが、製作したのが古くデータがない。これをデータ化したい。。
・現物をマシニングセンターで追加工したい。このため、3Dデータが欲しい。

①外観のスキャンとは
 レーザー等で焦点距離を集合していく事により、事物の形状を3次元のスキャンデータとして捉えます。スキャンデータで不十分な部分については編集ソフトや3DCADにて編集を行います。

②外観のスキャンのメリット
 自由局面を持ったような物体について、その再現力は非常に高いです。

③外観のスキャンのデメリット1
 レーザートラッカーやカメラにより測定をしますので、そのカメラ等にとってどのように映ったかが、3Dデータの元になるスキャンデータになります。形状や表面によっては適していない場合があります。

④外観のスキャンのデメリット2
 目的によっては、スキャンするより実物をノギス等で実測しながらデータ化するのが効率的なものがあります。


③3DCAD
 ePの制作するデータは編集可能な状態の3DCADデータをお渡しするので、データ利用の幅が広がります。←ポイントです
 *スキャンしたデータ(STL等)のままでは、追加・修正などの編集を行うことができません。

昨今では、歴史的建造物や仏像や彫刻等を3Dスキャンして、復元や修復に使うということも行われているようです。


・競争力のあるものづくりのコンサルタントを行っております。
・その具体的なデザイン設計を承っております。
・その具体的な製造先の紹介を行っております。

ご相談いただければ、お話しをお聞きしに伺います。


ものづくりから、ことづくり、夢づくりへ